「未知のものは、未知のものにとどまりつつ既知のものになった。ーーこの話を続けるため、わたしは夢の中へ入っていく。」
彼方はいつも彷徨っている
​黄檗宗総本山萬福寺