私は毎朝、絵を描くように化粧をする。

化粧で覆い尽くした顔は人の目を集めるが、

私の本当の顔を皆は知らない。

他人の認識があってこそ"自分"が証明されるのであれば、

"顔"が「自分」を証明するものであるならば、

仮面のように化粧をした「わたし」は一体誰なのだろう。

「顔」と「化粧」と「仮面」

本物よりまだ本物らしい、その「嘘」について。

 

「わたし」は自分でメイク(make)したimageで、空間をメイク(make up)する。

Every day I do my make up like I would draw a painting.

My face, which is all covered up with make up, draws a lot of attention to it.

But no one knows my real face without any make-up on.

 

If the self is proven because of other people’s perception,

if the face is what proves the self,

who on earth am I, Rema, whose wears her make-up like a mask.

 

‘Face’, ‘make up’ and ‘mask’

This lie/facade is closer to reality than the  real thing.  

 

I want to create a space with the image that I have created.